ブログ

牧師の思い出 パート1

お母さんとの思い出は、聖書を一緒に読んだことです。

うれしかったです。お母さんの笑顔すごかったです。

わがままを言って怒られました。素直にきいていました。

やさしかったです。

そのことが今もわすれません。

お母さんありがとうございます。

M.S・・・33歳

※この文章には思いがいっぱい詰まっています。

高等養護学校に入学した年に家の教会に行き洗礼を受けました。

俊子お母さん(牧師)は子どもたちと聖書の学びをして下さり、難しい字がいっぱい書いてあり、なかなか読めなくても一緒に読んでくれました。

お客さんが来たりしても、子どもたちはお母さんが終わるまで待っていました。

そのことが強く心に残っているのでしょうね。

障がいがあっても、一人の人として普通に接してくれて、その中で良くないところははっきりと徹底的に教えこんでくれました。

そんな中で過ごした時の思い出です。



20 views0 comments

Recent Posts

See All

牧師の思い出 パート2

俊子牧師について、今も強く、印象深く心に残っています事は、人として、クリスチャンとして愛情と、厳しさ、峻厳さがあった事です。 私達は聖書に触れて、愛と赦しを知っています。しかし、その愛を知ったものとして、どれくらい人のものさしで罪を許容し、ごまかしているでしょうか?世の中、社会の中で生きていく上で、譲歩し、罪をごまかして生きているでしょうか。 俊子牧師は、聖書を神の言葉として、人のものとして、私の

  • Twitter
  • YouTube
  • LINE

Bible-based Protestant Christian church

〒062-0051 北海道札幌市豊平区月寒東1条1丁目6−16

Copyright (C) チャイルド・チャーチ札幌  All right reserved

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now